BLOG

ブレゲンツの山村方面の途中の公共施設と商業施設2018年05月13日

ヒッティサウ村へ行く途中で立ち寄り木造公共施設と商業施設を興味があるので見て回りました。

オーストリアの村を車で走っていると、小さな地域の図書館はよく見かけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフマンの事務所で5年間働いた人が独立して7年この事務所で仕事をしています。

その外観が下の写真です。

10人の事務所です。住宅、小学校を設計するが木造に特化しています。

建てる費用は、RCより木造の方が高くなります。

https://www.j-h.at

ここの地域の新築の費用の支払いは、貯金、遺産、その他で25年~30年で返済するのが一般的だそうです。ちなみにスイスは複数年で返済できます。

 

 

 

建物のまわりの環境が大切ですね。

 

 

個人的にはこのような局部写真を沢山撮影するのが好きです。以前、社員や建築に興味がある人へ伝えたいなと思って、部分の写真を沢山UPしたのですが、なんの写真かわからないからUPしない方がいいとの指摘があってから出来るだけBlogへUPしたい気持ちを押さえています。

見て下さい、この手加工の水切り。丁寧ですね。いいなーと思ってしまいます(笑)

 

そして、この日泊まった木造のホテルです。

 

 

 

製材しただけで、カンナを掛けない粗い仕上げです。いいです。

 

デザインはともかく、この黄色いいです。

 

 

そして、このホテルは300年前からつづくそうで、歴史のあるレストランで食事をしたような?してないような?

記憶がさだかでなくなってきました(笑)

 

ホテルの外観です。

 

ホテル玄関です。

 

ホテルの前には水場がありました。

 

コンビニも、木造です。

 

やっぱり、このレストランで食べたと思います。。。たぶん。

何を食べて何を飲んだかも忘れましたが、割り勘で食事したはずなのですが、誰かが20€支払わない人(総額で1人64€だったと思います)が居たのですが、僕が代わりに20€多く支払いしたことだけは思い出しました(笑)

 

歴史のある場所はいいですね!

 

「ヨシのいえ」

Y. .Y