BLOG

秋田市広面_新築_外壁工事杉板横張り2017年10月28日

1階はガルバリウムサイディング、2階は杉板横張り仕上です。

付加断熱の上に杉板を張りますので、通気と通水を考えて施工します。

2階に杉板を張るのは、自然素材なので新築した時よりも、10年後20年後30年と時間が過ぎるほどに素材の味が出て、新品より素材の価値が出る(僕はそう思っています)からです。もちろん、秋田で育った木材なので輸送コストも少なく、土地に適合した持続可能な素材だからです。

杉板外壁はコーキングを使用しないで施工しますので、約10年ごとのコーキングの打ち替えが不用なことと、約10年ごとに外壁塗料の塗り替えが不用なことです。(10年ごとに有機溶剤を吸い込まなくてもよいです)

1階は足場を掛ける必要がありませんので、気軽に手入れが出来ますので凍害対策としてガルバリウムサイディングを選択しております。

当社では、一瞬の施工効率だけを優先せずに未来を見つめて、出来るだけ人間と地域環境へ負担を掛けずにバランス良く、持続可能な資源を積極活用したいと考えております。そのことが最終的に経済的にも無駄が無いと考えられるからです。

 

 

「ヨシのいえ」

y.. y