BLOG

ドルンビルンの木造戸建て住宅・木工職人の家2018年04月27日

ドルンビルンの木造住宅へ行きました。3月12日。

自家木材利用の木工職人の家、エコ建材、地中熱、太陽光、大きな家ですが、ほぼパッシブハウス。

ファサードはモミ材、ニレ材、唐松材で出来ています。

家の半分は賃貸として貸し出しています。

職業が木工職人なだけいに、木、木、木です。内装は施主である木工職人が仕上げました。

地元の設計事務所ククロヴィック・ナハバウアー、フォーアーベルク木造アート・持続可能賞2017受賞。

www.cn-architekten.at/

玄関。

 

 

 

施主は「建築家に塔のようなものを建てて欲しいと設計依頼をしましたら、3階建てのができるとおもったら、これが出来た。」と話していました。横に広く大きな家です。

庭には、120種類のハーブを植えています。

 

地盤が悪いの杭を打って建てています。杭を打つときの穴を利用して地中熱再利用をしています。

 

直角いいですね!

 

中庭です。すぐにバーベキュウが出来ます。

 

寝室。

 

リビングです。

 

多分、フォスカリーニの照明でしょうか。

 

 

木工職人のご主人さんです。

自分で出来るところは、自分で施工しているそうです。

 

子供部屋です。

 

 

 

ご主人が作成した、木のキッチンです。

シンクまで木です!

 

お風呂です。

建築家の建てた家では、木の浴槽をよく見かけます。

 

 

スゴイのが、シャワールームです。

木です。そして、扉がついておりません。

水はねしませんか?と聞きましたら、床に飛び散るけど拭くから問題ないとのことです。

さすが、木工職人です。

 

石鹸フィニッシュの床です。(無添加の石鹸を使用してワックスのように使用します)

せっかくなので、どんな感触なのか裸足になって体感しました。

サラッとしてかなり気持ちいいです。

ソープ仕上は当社でも家具の仕上に使っていますが、床に使用しているのを初めて体験しました。

早速フロア仕上に使用してみます。

 

13種類の木材を使用した階段だそうです。

光がキレイです。

 

2階部分ですが、まだ家は完成していません。ご主人がいつかここに洗面所をつくるような話をしていました。

 

ベランダ部分です。

置くに見えるのが太陽光パネルです。角度が緩やかで太陽光の回収率は下がりますが、見た目はいいですね。

 

玄関です。

玄関から豊かな生活スタイルを感じます。

 

これだけの大きさの家を基礎からスタートして内装仕上を除いて4ヶ月で建てています。早いです。

日本でもこれからは、木造システム建築工法ですね。

「ヨシのいえ」

y . .y