BLOG

秋田市横森新築O様邸 基本style室内は180mmの柱が2本だけ(在来軸組工法)2018年07月22日

最近不動産関連のご相談が多くよせられるようになりましたので、宅建の免許に挑戦しようと勉強しておりましたら、本業の仕事に支障が出そうです(笑)思っていたより時間が掛かりそうです。今年は諦めて、自分で資格を取るより免許を持っている人を社員にした方が早いなとやっと気付いた今日この頃です。

「宅建の免許を持っている人で、当社で働きたい人がおりましたらお声掛け下さい」

 

少し間が空きましたが現場の進み具合です。

断熱工事を始めています。

当社の在来軸組工法基本styleの室内には、180mmの柱が2本だけの空間がこちらです。その他は4寸(120mm)柱です。

 

 

2本の柱だけですので、構造的にとてもシンプルでありながら耐震等級3は当たり前です。

 

柱の直下率は、ほぼ100%を目指して設計をしております。

 

 

この壁の白いモノが、モイスです。この素材の良い所は、耐力壁なのですが何と言っても無機質であること、調湿作用に優れるなどあります。

 

今年は梅雨らしい梅雨でしたね、長い間雨が降っておりましたので、上棟式は完全に外をラップしてからになりました。Ο様顔晴って仕上げます。もう少しお待ち下さい。

 

「ヨシのいえ」