BLOG

秋田県 薪ストーブの平屋新築建替 杉柾目天井ラタン施工2021年02月22日

斜天井杉材仕上。

室内の反射音響の改善に効果があります。

こちらでは杉材の隙間は3mmです。1ミリ単位で仕上がりがちがいますので、毎回寸法を検討してミリ単位で検討しております。

いつもより小さな素材で仕上げましたので時間がかかりました。

杉材の色むらは時間と共にいい塩梅になります。

時間と共に劣化するのではなく、時間が素材の長所を際立たせます。自然素材を使う理由です。

 

赤身と白身の杉材です。特別に製材するのではなく、製材所でコンスタントに製材している寸法の木材から綺麗なものだけを集めて天井材に使用していますから、少しでもリーズナブルにお施主様へご提供できますように努力しております。安全であることを前提に、施工方法と素材選びはコストパフォーマンスに重点を置いて選択しております。

 

こうやって、天井材の下地を整えています。

 

「ヨシのいえ」