BLOG

秋田市 2世帯住宅建替新築2x6 ユニットバスを入れる前の下地施工

二階のユニットバスを組みますのでその前に、ユニットバスを入れる前の施工を行います。


二階は床にコンクリートの土間を施工しませんので、建物の荷重を受ける部材に金物を取り付けます。
断熱気密工事をしていますので、この金物を取り付けるための施工の工夫が必要です。
ただユニットバスを取り付けるための金具を取り付けると断熱・気密の欠損に簡単になってしまいますので、大事な施工ポイントです。


ユニットバスの排気管を事前に壁の中へ入れて、気密シートへつないでいます。
白く見えるのは、タイベックです。枠組壁工法では、先張りシートをポリエチレンシートとタイベックを併用します。
外壁部分にまわっている大きな木材が熱橋にならないように、断熱補強をしているところです。


この金属の上にユニットバスバスが乗っかります。
金属が壁に入っているところから断熱気密欠損にならないように、熱橋にならないように施工しています。
ユニットバスを入れるともう見る事ができないところですが、30〜40年後にはユニットバスを交換することも予想されます。その時もこのままの状態であるように、物理的に正しく考え、そして心をこめて施工します。

排水管です。

「ヨシのいえ」

一覧