BLOG

秋田県 新築平屋26.5坪 切り妻屋根 建替えました2019年10月08日

先月お引き渡ししました、新築平屋をご紹介させて頂きます。

平屋いいですね〜。

 

天井断熱:セルロースファイバー 350mm

壁断熱:高性能GW16k 140mm

床断熱:撥水GW16k105mm撥水GW32k42mm

気密:0.24㎠/㎡

耐震等級3

第3種換気

ドレーキップ・トリプルサッシ(取付ヶ所によりガラスを変えています)

ハニカムサーモスクリーン

沢山お伝えしたいことがありますが、一言で言いますと「いーい家」です。

お引き渡し前にいつも思います。いい家だなーと、そして自分でも住みたいなー、と思います。お引き渡しせず自分が住んでみたいなーと毎度思います。

 

天井の一番高い所は3mあります。

 

防犯、通風・気密・使い勝手の良いドレーキップサッシを使用しています。

 

 

ほぼ間接照明を使用しています。

お施主様からは、ありがたいお言葉を頂きました。夜寝付きがよくなったそうです。

当社では、照明を計画するときは睡眠のことまで考えてご提案させていただいております。

 

スケルトンインフィルの思想を取り入れ空間は出来るだけ大きくつくり家具で仕切る「ヨシのいえ」。

 

かなり開放的な空間になります。居間と和室の建具はクローゼットの壁の中へ引き込まれております。

 

和室6帖×2 仏壇と床の間がある空間です。和室6帖ですが、建具は、壁へ引き込みしているので狭く感じないように開放的な空間になるようにしました。

 

 

一番奥へトイレと洗面所とお風呂があります。

 

こちらは、食器類をメインに収納できるように、沢山作りました。今まで保存していた沢山の大切な食器や器具など出来る限り室内で保存できるように。

この空間へは、今まで使用していた食器棚をも入れ込めるようにしています。

 

 

この四角いボックスは、両面からの収納兼間仕切りの役目をもっています。

 

収納の奥に冷蔵庫スペースがあります。

キッチンの奥には使い勝手がいい勝手口があります。

 

 

納戸や収納庫も綺麗に見えるようにしています。

 

 

 

襖紙は昔ながらの本鳥の子を使用しています。

襖の枠にも出来るだけ綺麗に見えるように建具職人さん(同級生)に良い知恵を出して頂きました。

 

市松の襖は、桂離宮の襖を参考にさせて頂いております。

襖職人の阿部さん、無理を聞いて頂きありがとうございました。(阿部さんは能代の金勇の襖も張らせていただいております)

一枚の紙からこの柄を創り出します。もの凄く手間がかかります。

 

 

玄関から真っ直ぐに見える緑。個人的に一番好きなところです。

 

 

 

 

「ヨシのいえ」

山田 良隆