BLOG

秋田県 新築平屋 140mm壁パネル施工2019年10月21日

壁を組みました。一日で約30坪の平屋の壁が建ちました。

事前に工場で外壁(140mm)間仕切り、天井を組みたてて現場へ運び込みます。

在来と枠組み両方施工している「ヨシのいえ」では、常に施工方法の改善を繰り返し一歩一歩進化しています。

 

先週、土台を敷き床パネルを敷き込んだ床を合板保護専用シートとブルーシートで完全養生をしておいた状態です。

 

ブルーシートを外すとこの様な床が現れます。

撥水加工をした合板は、そのままで雨にぬれても大丈夫ですが、透明な合板保護シートを張って養生しております。

 

出来るだけ職人さんに無駄なエネルギーを浪費しないように、パネルを吊り下げ移動させて床に設置しています。

 

 

 

先張りシートも同時に施工していきます。

 

壁から屋根、天井へ繫がる気密ラインは、ポリエチレンシートを使用せずタイベックシートを使用するのが在来工法の気密施工とは違うところの一つです。

手で釘を打ち数ミリの誤差や変形が無いように新調に丁寧に合わせた後に、釘打ち機で規定の釘を規定の本数打ち固めていきます。

在来工法よりも枠組み壁工法は、施工ルールがはっきりしているので楽であり大変でもあります。

 

 

丈夫な骨格です。

積んでいる合板を敷き打ち終了しました。

 

「ヨシのいえ」

 山田 良隆