BLOG

秋田県 薪ストーブの平屋新築建替 屋根付加断熱下地施工340mm 2×6

外部はハウスラップをして屋根葺き工事に入っております。

南面軒先は1100mm 東北面900mm 西面450mmの軒先を出しております。

屋根断熱下地340mm(251mm+89mm)

 

 

屋根面先張りシート。

 

天井付加断熱断熱下地です。屋根の断熱は340mm入るように下地を組んでいます。(セルロースファイバーキッチリ吹き込み断熱施工)

付加断熱をおこなうには、熱橋対策で井型に組む場合とI型に組む場合と施工方法により変えています。

 

この中にセルロースファイバー340mmをしっかり入れます。

断熱空間の上は30mmの通気層が走ります。

 

順調に進んでおります。

 

「ヨシのいえ」

一覧