WORKS

緑が日々を彩る山麓の付加断熱の平屋

祖父が所有する高台の山林に新築された、若い夫婦のための平屋の住まい。特徴的なのは大胆な内壁の色使いだ。好きな色を空間に取り入れたいとの要望から提案された深緑色は、木部との相性が良く、窓の外の森の色調に呼応するように、静寂さで室内を満たしている。プランニングは鳥海山の雄姿を眺める窓計画と、共働き夫婦を支える効率的な家事動線を主軸として進められた。キッチンと浴室、洗面所、物干し室を建物の西側に集め、脱ぐ・洗う・干すのステップが数歩の距離で完結するように計画した水回りの配置。ダイニングは食事の提供や片づけの動線が最短となるカウンター式とするなど、忙しい日々の中に景色を眺めて語らう時間を生み出す工夫が重ねられている。

敷地面積 693.23㎡(209.70坪)
延床面積 95.69㎡(28.69坪)
1階面積 95.69㎡(28.69坪)
工法 木造枠組壁工法2×6
基礎 ベタ基礎
断熱材 壁;セルロースファイバー吹きこみ
140+高性能ガラスウール90mm
基礎断熱:外部50mmパフォームガード+
内側EPS100mm+底盤コンクリート200mm下50mmEPS
屋根:セルロースファイバー吹きこみ376mm屋根材 陶器瓦
外装材 木材(杉)+スペイン漆喰
壁材 PB12.5+ビニールクロス
床材 複合(合板)フローリング
開口部 窓・樹脂サッシLow-Eトリプルガラス
キッチン クリナップシステムキッチンラクエラ
バスルーム TOTOサザナS
暖房 床下暖房(ガスファンコンベクター)
その他 Q値1.25W/㎡K Ua値0.26W/㎡K
竣工年月 2020/2
工期 約150日

一覧
この家の関連記事